− 割烹やまぐち トップページ −

三百余年の歴史を持つ、さんますし発祥の地から
『ほんもん』のさんますしを食べたい方へ

「ほんまもん」という言葉は、NHKが登録商標をもっています。 私の田舎では「ほんもん」とか
「ほんもの」「ほんまかー」といいます。 だから自信をもっておすすめできるのです。
見てください、この色、この艶、頭と尻尾がついてます。
これが本場の「さんま姿すし」です。業者の方も見てください、これが「姿すし」です。
しゃりは伊賀忍者の里の「伊賀米」を使っています。
熊野のさんますしは生臭くありません。
加工の仕方が違います。 これこそ本場の味です。
あたまがすばらしい、それと背開きです。
これがさんますし発祥の地、熊野のさんますしの特徴。
「ほんもん」のさんますしは「巻きす」で巻きます、型で押さないのです。
だから、熊野の「さんま姿すし」は美味しいと評判です。