− 割烹やまぐち トップページ −

めはりずし

本来は語尾に「すし」と付けないのです。
ただの「めはり」ですけど、いつの頃からかこんな呼び名になっています。
流通の都合で、私共ではシャリにしておりますが地元で食べるのは普通のごはんです。
子供の頃は茶碗一杯をひとにぎりにして他のおかず無しで2つか3つ食べました。
母達は野良仕事や山の焚き木切りにいく時、弁当に持っていきました。
大きなオニギリなので大口を開けて食べ、自然と目が大きく見開くので「めはり」です。