Diary 2006. 7
メニューに戻る
7月26日 (水)  セミの声も本格的になってきた

露があけたのか、あけないのか良くわからないけど、セミのなき声迫力でてきました、かなりのもんですよ、お店今日からお昼も営業するようにしました今12時10分3名、3名、2名、1めい
来てくれてます、煮魚、とんかつ、らーめん
刺身の定食、上出来です、あ!又きてくれました
いらしゃいませ、              今地元ではこんなあじの寿司が受けてます
いつもあるわけじゃないけど一応やってます
お墓参りにいったら3〜4ヶ月まえにくずれた
所、石井建設さんが入ってくれてました
この方には大変お世話になっておりますまだ
おれいできてませんけど、ゴメンなさい

受けてますおいしいですよ

20060726-1.jpg 20060726-2.jpg 20060726-3.jpg



7月25日 (火)  きょうは出張でした

最終の南紀特急で帰ってきました、かなり
熊野の人たちも動いています、いいことです
やはり、中央の方たちと少しでも接触してると
勉強になります、ハードめんでもソフトめんでも
機会があればつとめてお会いするようにしてます
又少し永平寺のこと写真のせます

20060725-1.jpg 20060725-2.jpg 20060725-3.jpg



7月23日 (日)  きょうわ土用の牛です

尾鷲ドライブインで将隆がうな重買ってきて
二人でたべたときのこと、少し
お父さんうなぎ食べようと云って二つ買ってきました、(家内はうなぎ食べないので)とってもおいしく頂き、将隆が私の冷水のんでしまったので
お父さんのわ、と言ったら汲んできてくれたけど
水道水なので少しアッタカかったのおぼえています、これが二人の最後の食事でした、うなぎ食べたらおもいだす
永平寺でポスター展やってました、その一部
まだ沢山有ります、愛知から来た子供たちの写真とかも

20060723-1.jpg 20060723-2.jpg 20060723-3.jpg



7月22日 (土)  永平寺のこと

夕食とデザート・お部屋
こんな量でたりるかなといつも思うけど、けっこうこれで足ります、食べたあとテレビもないし
ジユース(おとなの)の自動販売機も無いしさびしかったです
だけど気分最高でしたデザート昆布です

20060722-1.jpg 20060722-2.jpg 20060722-3.jpg



7月21日 (金)  永平寺のこと

将隆の三回忌で永平寺に行ってきました
四回めですがいつもいい気分にさせてくれます
永平寺に泊まると将隆と一緒にいるようなきもちになりますその時の写真です、夕食と朝食です
食事の永平寺流がありまして、最初教わって
いただきました、この食事、毎月22日に作ってもいいです予約下されば作ります

20060721-1.jpg 20060721-2.jpg 20060721-3.jpg



7月20日 (木)  よそわすごい雨です

先日しんべえやさんに(漢字で打ち込み出来ないですゴメン)あした葉はんぺん試作いただきました、良く出来た商品でとっても旨かった、この商品のことも皆様考えて下さい、試食
食べてみて下さい、まだ有ります、勿論これは試食ですから御代はいりません

20060720-1.jpg



7月17日 (月)  昨日は将隆の三回忌

お寺さんも昨日はとっても忙しく、9時から
赤坂さん、10時から家、11時から瀬古さん
お昼の食事しながら、将隆の元気に飛び跳ねてる
時のこと、同級生の人たちに聞かせてもらって
涙しながら聞き入っていました、「おいちゃん
僕、将隆の靴はいてるで借りたけど、返してないんです」今はいてきるでとか云って見せてくれたり良い奴らです、これからもよろしく
東京の小野先生から、将隆に刺繍で般若心経頂きました、とても立派な刺繍です有難うございました、ほんとうに皆様には感謝しています

20060717-1.jpg 20060717-2.jpg 20060717-3.jpg



7月7日 (金)  あついですね

久しぶりに気が向いてパソコン打っています
パソコンがどうも調子悪いので私の気分まで悪くなりますだけど気がつけばもう七夕これから
本格的な夏がやってきます、それと嫌いな台風ですカボチャも花が咲き実もつけそうになってきました

20060707-1.jpg 20060707-2.jpg



2006/7
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月