紀州路の旅  
   
トップへ 清滝・ガンガラ滝 雨滝・大又川清流 大丹倉・大馬神社 不動滝  
ご注文
徐福うどん
明日葉
徐福
明日葉簡単レシピ
東紀州観光スポット
熊野市マーク
地図
spot1
スポット2
掲示板
リンク集
やまぐち・花かんざし
大丹倉ロゴ
岩盤の高さは約300mで、流紋岩でできている。岩肌が赤く見えるのは、岩に含まれる鉄分が風化によって酸化したためである。「丹」という字は「赤い色」という意味があり、「倉」という字は断崖絶壁を表す。ここからこの名前が付いたと言われている。
大丹倉散策記
大丹倉写真
大馬神社写真 大馬神社ロゴ
熊野市内から車で20分ほど走った、山の中にある神社。周りを杉に囲まれ、ひっそりと建っている。
歴史は古く、平安時代より祀られており、坂上田村麻呂が賊を討ち、賊の首を地中に埋めその上に、社殿を造ったのが始まりとされている。
祭礼の日には弓引き神事が催される。
大馬神社散策記