紀州路の旅  
   
トップへ 獅子岩・鬼ヶ城 松本峠・七里御浜 楯ヶ崎・花の窟 熊野大花火・七色峡  
ご注文
徐福うどん
明日葉
徐福
明日葉簡単レシピ
東紀州観光スポット
熊野市マーク
地図
スポット1
spot2
掲示板
リンク集
松本峠写真 松本峠ロゴ
かつては熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の熊野三山や西国巡礼へ詣でるための道であった熊野古道。
平安時代の末期から鎌倉時代には皇族が、江戸時代には庶民が、時代の流れと共に熊野参詣が暮らしに根付き、蟻の熊野詣でと呼ばれるほどに街道は人の行列が続いた。
松本峠、大吹峠、達神峠、曽根次郎・太郎峠など、緑深く苔むした石畳が続く古道は、近年散策コースとして人気を呼んでいる。
2003年には世界文化遺産に登録されます。
七里御浜ロゴ

熊野市から鵜殿村まで延々22Kmも続く日本一長い砂礫海岸で、日本の渚100選にも選ばれており、ウミガメの上陸地としても知られている。御浜小石と呼ばれる彩り鮮やかな小石が浜一面に広がり、熊野灘の荒々しさと対照的な優しさがある。
写真は熊野古道「松本峠」頂上にある東屋からの景観です。8月にはこの海岸で花火大会が催されます。
(JR熊野市駅下車徒歩5分)

七里御浜写真